校長挨拶

 茨城県立高萩清松高等学校のウェブサイトをご覧いただき,誠にありがとうございます。

  令和2年4月1日に本校の校長に着任しました長島利行です。

 本校は,平成17年に設置され,全日制総合学科(単位制)の高校として,人文科学,自然科学,機械テクノロジー,情報ビジネス,福祉・生活科学の5系列からなる特色ある教育活動を行っております。高校生の興味関心,能力適性,進路に基づいて学ぶことができる高校として成果を上げ,今まさに歴史を積み重ねている学校です。

 本校の校訓である,「自ら学び,自ら創り,自ら拓く」のもと,本校生は勉学,部活動やボランティア活動など,様々な学習場面を通じて心身を鍛え磨いております。

「自ら学ぶ」とは,生涯にわたって勉強し続けようとする姿勢のことです。本校生は,教職員のサポートのもと,生き生きと学んでいます。

「自ら創り」とは,様々な知識や情報の中から状況に応じて,知恵をしぼり,アイデアを生み出していく力のことです。それには周りの人たちとの協働,つまり対話や議論をとおして,新しいことを開発するためのアイデアが得られていきます。本校では,主体的対話的で深い学びの実現に向けて取り組んでいます。

そして,「自ら拓く」,その根底は,人間誰しもが人生の主人公は自分自身であるということにあります。是非とも本校生が,高萩清松高校という教育環境の中で,自分がどう在ればよいのか,どう生きていけばよいのか,自分の人生をしっかりと見つめ考え,自ら行動できる強い意志をもった人間になってもらいたいと考えております。

本校では,生徒の皆さんが校訓に示された意味を理解したうえで,自らの目標を実現できるような教育を提供したいと考えております。そして,本校生が「高萩清松高校で学べてよかった」と強く思える高校を目指しています。
 

今後とも,どうぞ高萩清松高等学校をよろしくお願いいたします。

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立高萩清松高等学校